左寄りな日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-11-26

左利き楽器演奏~その4・打楽器の場合 22:37 左利きと楽器演奏~その4・打楽器の場合 - 左寄りな日々 を含むブックマーク はてなブックマーク - 左利きと楽器演奏~その4・打楽器の場合 - 左寄りな日々

音階を持たない打楽器は左右対称に作られているため、「左利き用」というものはあまり見かけないのですが、ほとんど唯一の例外といってよいのがドラムセットドラムス)です。
もっとも、ドラムセットだって、セッティングが左右反対なだけで、使われている楽器類は同じものなんですけどね。

ところが、ハード・ロック/ヘヴィー・メタルでは左足用のバスドラムのペダルが使われることがあります。これを使い始めたのは、おそらくディープ・パープルドラマー、イアン・ペイスではないかと思います。

ドラムスを演奏する場合、利き手のほうで細かいリズムを刻むのが基本です。右利きドラマーは、右手でライド・シンバル(右側の分厚いシンバル)やハイハットで4ビートや8ビートを刻み、左手スネアドラムを叩くわけですね。これが左利きドラマーの場合は、左右逆になるんです。

ただ、必ずしもセッティングを左右反対にするとは限らず、右利き用セッティングのまま、左手でハイハットを叩く左利きドラマーもたくさんいます。(むしろ、そういうケースのほうが多いのかも。)

Dice-KeiDice-Kei2006/11/29 17:12私は右手でハイハットを叩きまーす

kanimasterkanimaster2006/11/29 18:55>Dice-Keiさん
実は、僕もそうです。

トラックバック - http://southpaw.g.hatena.ne.jp/kanimaster/20061126